効果と副作用は比例する? | ポラリスNR-09の効果がすごい!発毛剤はこれで決まり!

効果と副作用は比例する?

緑と白の錠剤

AGA治療で人気の発毛剤、ポラリスNR-09ですが、ミノキシジルの濃度が15%もあり、数ある発毛剤のかなでもトップクラスの濃度になります。
ではそのミノキシジルの濃度ですが、濃度が濃ければ濃いほど発毛の効果も高くなるのでしょうか?その答えは、YESになります。
現に濃度が濃い方が発毛の効果も高いという臨床結果もでています。

そんな魅力的なポラリスNR-09ですがミノキシジルは医薬品になりますので副作用も存在しますので、発毛効果を求めてミノキシジルの濃度が濃いものを選ぶ場合、副作用も強く出てしまう可能性があるのです。
ではその気になる副作用ですが、どういったものがあるのでしょうか。
主なポラリスNR-09の副作用ですが直接、体内から作用するわけではないので、使用により重大な副作用が起こることは稀です。
主な副作用でいうと、頭皮の痒みや、かぶれなどのです。
有効成分であるミノキシジルですが、もともとはアメリカで血管拡張剤として開発されて、血圧降下剤として使用されていた経緯があります。
ですので塗った箇所の血行を良くするということもあるので、ポラリスNR-09を使用した場合に、かゆみやかぶれが出ることがあります。
後は軽度の動悸や、血圧の低下、めまい、むくみなどです。
やはりもともとは血管拡張剤だったので仕方のないことなのかもしれませんね。

もでポラリスNR-09は服用するわけではないので副作用の心配も、さほど高くないと思われますが、もし副作用を心配するのであれば、先ずは濃度の低いものから使用を開始するという方法があります。
徐々に体を薬に慣れさせることができますのでオススメです。