通販でアフターピルを購入しておけば、避妊を忘れても妊娠を防げます。

カップルの画像愛する人との性行為はお互いの関係を維持していくためにも必要なことであり、それは男女でしかできない大事なコミュニケーションの一つとであり、その過程で二人の子供も自然に誕生するのです。

このような理由で避妊をする夫婦も多いと思われます。

正しく避妊をするのなら、男性がコンドームを用意したり、女性が低用量ピルを定期的に服用したりしていることが理想的です。

しかし、コンドームの着用や毎日の低用量ピルの服用を忘れてしまうこともあるでしょう。

そうなると、妊娠してしまう可能性が非常に高くなってしまいます

アフターピルがあれば、避妊を忘れることがあっても妊娠を防ぐことができるのです。

 

通販でもアフターピルは購入できますが、継続的な服用は厳禁

アフターピルは避妊用の医薬品として役立ちますが、100%避妊ができるわけではありません。

アフターピルを性行為後に服用しても、必ず避妊できるというわけではないのです。

また、アフターピルは低用量ピルよりも副作用が起こる確率が高いので頻繁的にアフターピルを服用することは推奨できません。

定期的に服用する医薬品としてではなく、あくまでも避妊を忘れてしまったときのためや性的な犯罪に巻き込まれたときのためなどに用意をしてほしいのです。

ピル以外で妊娠を避ける方法には「中絶」がありますが、中絶は身体だけでなく心のケアも必要になるくらいに負担が大きいのです。

ピルは副作用こそはあっても、中絶のような傷を負うことはありません。

通販で購入したアフターピルを服用するタイミングと副作用

副作用に悩む女性アフターピルは妊娠を避けるための医薬品ですが、ただ服用するのではなく基本的な情報を知っておくことも大事です。

アフターピルの基本的な情報についてここで説明をしておきましょう。

まず、服用するタイミングについてです。

アフターピルは性行為後、72間以内に服用すると排卵と着床を防げる可能性があります。

しかし、服用タイミングが時間ギリギリでも問題ないということではありません

極力早く服用した方が避妊成功の確率が上がるため、手元にないときはすぐに最寄りの産婦人科で処方してもらいましょう。

副作用は強い吐き気や嘔吐、頭痛や倦怠感、眠気や不正出血の症状になります。

人によっては症状の差もあり、体力的に大きな負担となってしまう可能性があります。

また、服用して2時間も経たずにもどしてしまったときは再度服用する可能性もあります。

その時もすぐに服用してしまうのではなく、医師に相談してからにしましょう。

アフターピルを服用した日は一日身体を休めることが大事なのです。

 

通販でアフターピルを購入するときは服用方法に着目しましょう

薬を飲む女性アフターピルによる避妊には2つの手法があります。

「ヤッペ法」と「ノルレボ服用法」といわれるものになっています。

ヤッペ法はアフターピルを2回服用して避妊する手法で、最初の服用から12時間経過してから次のアフターピルを服用します。

副作用が起きる確率も高く、吐き気が50%以上で嘔吐が20%以上といわれています。

そして肝心の避妊できる確率は60%前後なので、事後避妊が可能ではありますが確率は非常に低いといえます。

ノルレボ服用法は一回だけの服用で終わります。

副作用はヤッペ法での服用よりも低くなっており、吐き気を催す確率も20%前後です。

また、50%の確率で副作用を全く感じないとされています。

避妊できる確率も90%以上になっており、ヤッペ法と比較すると高い確率で避妊できます。

料金にも差があります。ヤッペ法が約10,000円前後ですが、ノルレボ服用法は約20,000円前後になっています。

ノルレボ服用法の方が高額ではありますが、確実に避妊をしたいときは必然的にノルレボ法でのアフターピルを服用することになります。

 

通販でアフターピルを購入するときは、個人輸入代行サイトを利用します

通販を利用する女性アフターピルを産婦人科で処方してもらうと結構な料金になります。

高額になっているのは、アフターピルが保険適用外になっている医薬品だからです。

少しでも安くアフターピルを購入したいときは産婦人科で処方してもらうのではなく、インターネットでアフターピルのジェネリック医薬品を購入しましょう。

インターネットで医薬品を購入するときは、個人輸入代行サービスのサイトを利用していきます。

個人輸入代行サイトでは自分で海外から商品を輸入する際に起こる、言語のトラブルや関税の見積もりなどの面倒なことも全て担ってくれます。

この便利な個人輸入代行サイトは利用者も急増しており、需要があるといえます。

その利用者の増加に比例するように、個人輸入代行サイトも増えておりより身近なものになっています。しかし、全ての個人輸入代行サイトが安全に利用できるというわけではありません。

中には、トラブルが起きる悪質な個人輸入代行サイトがあります

悪質な個人輸入代行サイトで購入すると送られてくる商品が違うものだったり、欠陥商品だったりします。

個人輸入というのは、トラブルが発生しても全部購入者であるお客さんの責任になるというのが原則です。

トラブルが起きても、悪質な個人輸入サイトだと連絡や苦情を一切受け付けません。

評価の高い個人輸入代行サイトはそのようなトラブルも起きませんし、仮に起きたとしても可能な範囲できちんと対処してくれます。

また、評価の低い個人輸入代行サイトにはいろんな特徴があります。

「商品の値段が異常に安い」や「運営されている会社の年数が極端に短い、もしくは表記されていない」といったサイトの場合、評価の低い個人輸入代行サイトである可能性が非常に高いのです。

欲しい商品を見つけてもすぐに購入を確定するのではなく、いろいろ調べて注意をしておくことが必要になるのです。

 

アフターピルの通販にもあるジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品のイメージ個人輸入代行のサイトで表記されている医薬品が安いのは、ジェネリック医薬品が多いためです。

このジェネリック医薬品について詳しく説明していきましょう。

ジェネリック医薬品というのは、あらかじめ完成されている新薬をもとに開発された医薬品です。

開発にかかる時間や費用も新薬の開発と比べると約3分の1になっています。

だから、ジェネリックを作る製薬会社は安い価格で医薬品を提供することができるのです。

また、安全面に関しても問題はありません。

販売を開始する前に厳しい審査を必ず通すので、患者さんが安心して服用することができます

アフターピルにも、このジェネリック医薬品があります。

求めやすい価格になっているジェネリック医薬品であれば常備しやすいので、性行為の際に万が一のことがあっても避妊をすることもできるでしょう。

 

通販で購入する前に、アフターピルに関する口コミを見てみましょう

正しく用法と用量を守ることで、ピルでほぼ確実な避妊が可能です。

しかし、一般的にピルという医薬品は悪いイメージを持っている方の方が多いと思います。

特にパートナーである男性の方々はコンドームで十分避妊ができると勘違いされている方も多く、日本の性教育がまだまだ進んでいないことまで伺えます。

また、このような避妊に関することは友人や家族にも相談しにくいものです。

そのため、今はインターネットを利用して自分から避妊の情報収集する人がほとんどになっているでしょう。

でも、これで問題解決というわけにもいかないのです。

ネットサーフィンに不慣れな方はどの情報を信頼していいのかまでは分からず、判断に困るのではないでしょうか。

信頼できる情報を確かめたいときは、インターネットでアフターピルを購入して服用の経験もある人の口コミを役立つ情報として利用できます

医薬品の購入ができる個人輸入代行サイトには、いろんな人が書き込んだ口コミが載っています。

その中には自らの経験談をもとに書いている口コミも載っているので、参考にすることができるのです。

その口コミの内容は、それぞれの成功例や失敗例が多くなっています。

特にアフターピルの服用未経験者であれば、失敗談を重点的に確認しておくことで、自分も同じような失敗をしないために反面教師として見ることもできます。

 

通販で購入できるアフターピルの正しい知識を持ちましょう

調査している女性アフターピルは避妊に失敗をしたから、ただ買えばいいという医薬品ではありません。

理想的な形は、万が一を考えて常備しておくことです。

自分の身体を1番守ることができるのは、自分だけであるということを認識しておきましょう。

避妊に失敗して望まぬ妊娠をしてしまう、避妊の失敗が原因でパートナーとの関係が悪くなるなどになってしまえば一生悔いが残るかもしれません。

アフターピルがいつでも手元にあるような状態であれば外で何かトラブルに巻き込まれたり、自分で招いてしまうトラブルを最小限に抑えて、元の日常生活を送るための手助けになってくれるのです。

そのため、アフターピルの服用や常備というのは決しておかしなことではないのです。

女性が自分の身体を守るためだと考えれば、むしろ必要なものといえます。

また、これは個人だけの問題ではありません。

友人が避妊を失敗しないように、アフターピルなどの医薬品の常備をすすめてあげたりするのもいいかもしれません。

男女が仲良く関係を継続して間違いのないタイミングで二人の子供を授かるには、こういった知識の蓄えは非常に大切ことなのです。

間違いがなければ、今のパートナーとの関係はずっと長く継続することもできます。

今誰かとお付き合いをしている方やこれからそうなる方、または無事結婚してこれから新しい道を進んでいく人も互いを大事に思っているのであればあるほど知るべきです。

そうすれば、もっとお互いのことを知りたいと思い、さらに距離が縮まることができるでしょう。

 

アフターピルと通販情報のまとめ

通販を使って購入する女性アフターピルは継続的に服用する医薬品ではありませんが、万が一のときを考えると常に持っておくべき医薬品であることをご理解頂けたと思います。

女性の方も好きな男性と性行為をしたいと思うのは自然なことです。

でも、女性の場合は妊娠というものがその気持ちに抵抗を持たすことになっています。

彼からの誘いを断って、良好な関係が悪くなるのも女性とっては嫌なものです。

このアフターピルを購入しておいて、常に持っておけばその心配もないままに自然に性行為を楽しむことができます。

また、インターネットの通販でも購入ができるアフターピルなら周りに知られることもなく自分の中だけで用意することもできます。

ジェネリック医薬品なら価格も購入しやすくなっているので、女性にとってはアフターピルがより身近になった医薬品といえるのです。

それでも、購入や服用の経験のない女性ならためらうかもしれません。

購入してすぐに服用する医薬品ではありませんので、特に迷う必要は無いのです。

アフターピルの購入は「医薬品を買う」というよりも、「女性の身体を守るための装備を用意する」のような感覚でもいいのです。

何事も「備えあれば憂いなし」ということなのです。

アフターピルは女性の方々であれば、用意をしておいて損はないということです。

理想は毎日低用量ピルを服用することですが、医薬品の継続的な服用は意外とストレスになるものです。

アイピルの画像低用量ピルの場合、服用を忘れたら避妊効果が薄れてしまい妊娠する確率が上がってしまいます

普段から医薬品を服用する習慣がない女性には、低用量ピルの服用は継続が難しいかもしれません。

しかし、そのようなこともアフターピルなら関係ありません。

アフターピルが継続する医薬品ではないことは、普段から医薬品を服用することがない女性にとってはメリットと考えることもできます。

紹介してきたアフターピルはもしものときのために、持っておきたい医薬品なのです。

 

アフターピルの購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました